CPP - Cost Per Purchase

CPP(Cost Per Purchase)とは、「購入単価」のことで、オンライン広告やデジタルマーケティングの文脈で使用され、特定の広告キャンペーンによって生成された売上に対する1回の購入あたりのコストを示す。この指標は、広告の効果を直接的な販売成果と結びつけて評価するために用いられる。

Cost Per Purchaseの計算方法は、キャンペーンの総広告費をそのキャンペーンによって実際に発生した購入の総数で割って算出される。例えば、広告費が50万円であり、その結果として250の購入があった場合、CPPは「50万円 ÷ 250 = 2000円」と計算される。これは、1回の購入につき2000円の広告費がかかったことを意味する。

広告キャンペーンのROI(Return on Investment)を測定する際にCPPは重要な指標であり、特にeコマース事業者などが広告の費用対効果を評価するために利用する。低いCPPは、効率的な広告支出と高い販売効果を示す。