ROAS - Return on Ad Spend

ROAS(Return on Ad Spend)は「広告費用対効果」で、広告に投じた費用に対して得られた収益の割合を示す。この指標は、特定の広告キャンペーンがどれだけ効果的に収益を生み出しているかを評価するために使用される。

ROASを計算するには、広告から直接生成された収益を広告にかかった総費用で割る。ROAS=広告費用広告からの収益​÷広告からの収益広告費用×100

例えば、10万円の広告費用をかけて、それが200万円の売上を生み出した場合、ROASは「200万円​÷10万円=2000%」となる。この数値は、広告が投資した金額の何倍の収益を生み出したかを示しており、2000%ならば、投資した額の20倍の収益を得たことになる。ROASは、広告キャンペーンのパフォーマンスを測定し、広告戦略の調整や予算配分の決定に役立つ重要な指標である。広告のROI(Return on Investment)と似ているが、ROASは特に広告支出に焦点を当てた評価を行う点が異なる。